2015年、フリーの俳優 さいとう篤史がセルフプロデュースユニットとして旗揚げ。

 

「人生のターニングポイントは当人だけではなく、目撃した第三者の人生にも影響を与えうる」という考えのもと「地獄」と比喩されるような修羅場に遭遇し、絶望した所からどう生きていくのかを舞台に立ち上げていく。

観客に純粋に楽しんでもらう娯楽としての部分を大切にしつつも、日常の困難や絶望にほんの少しだけ前向きになれるような作品を目指す。

 

2015年、アガリスクエンターテイメント主催のオムニバスイベント「新宿コントレックスvol.13」 にて、初演出作品「お父さんをください(ジョナサンズver.)」(脚本:冨坂友/脚色・演出:さいとう篤史)を上演。

 

1987年6月1日生まれ 東京都出身。

2005年よりフリーの俳優として小劇場にて活動を開始。

カムヰヤッセン、ホチキス、劇団競泳水着など多数団体に出演しつつ、

大倉孝二とブルー&スカイのユニット「ジョンソン&ジャクソン」に

演出助手としても参加し、一俳優に収まらない活動を展開中。

派手なエンタメやコメディテイストの作品に頻繁に出演する傾向がある。

 

特技は手相。2009年から独学で学び始め、王子小劇場の新年会や、

□字ック主催の鬼FES.などには「手相師」としての参加もしている。

 

ジョナサンズ旗揚げ以前から、俳優訓練を目的にしたワークショップ

『大失敗の会』を主宰。

 

 

主な活動歴

 

■出演

2009年5月  劇団競泳水着 第十一回公演『NOT BAD HOLIDAY』

2009年9月  カムヰヤッセン『トラベリング・オン・ザ・シャーレ』

2009年11月 ホチキス vol.24『いらない里』

2010年12月 国道五十八号戦線 解散公演『国道五十八号戦線異常ナシ/異常アリ』

2012年9月・2013年9月・2015年10月〜11月

               Aga-risk Entertainment『ナイゲン』(2012年版・2013年版・全国版)

2013年3月  DuckSoup produce 2013『音楽家のベートーベン』(演出助手 兼任)

2014年6月  Aga-risk Entertainment『時をかける稽古場』

2015年2月  レティクル東京座『學園使徒ノクト』

 

■演出助手

2014年7月〜8月 ジョンソン&ジャクソン『窓に映るエレジー』

 

さいとう

篤史